Sharghi_title

国際プロジェクト『シャルギー(東方)』は、日本の碩学、井筒俊彦氏の作品・思想・業績に関するドキュメンタリー映画です。井筒氏は、世界に冠たるイスラーム学者・聖典クルアーンの研究者として知られている人物です。このドキュメンタリー映画では、彼の友人や弟子たち、イランや世界各国の著名人とのインタビューを元に、マスウード・ターヘリー氏が制作・脚本・監督を兼任し、井筒教授の生涯とその思想を描き出す作品に仕上げました。

Izutsu-fa
chehrdad

Sharghi Trailer

آنونس فیلم شرقی

『シャルギー(東洋人)』は、130分を超える長編作品です。全体は7部から構成され、井筒俊彦教授の生涯、著作、思想を紹介しております。

Watch Now

ドキュメンタリー制作の目的

このドキュメンタリー制作の目的は、井筒教授により提唱された哲学思想とイスラーム学・クルアーン研究の視点を偏見を入れず完全に学術的な立場から紹介することにあります。それは井筒教授ご自身が、その先駆者だったためです。また同教授の紹介を通じて世界の様々な国々との文化交流を図ることも、このプロジェクトのもう一つの目的となっております。

ドキュメンタリー制作の目的

このドキュメンタリー制作の目的は、井筒教授により提唱された哲学思想とイスラーム学・クルアーン研究の視点を偏見を入れず完全に学術的な立場から紹介することにあります。それは井筒教授ご自身が、その先駆者でいらっしゃったからです。また同教授の紹介を通じて世界の様々な国々との文化交流を図ることが、このプロジェクトのもう一つの目的でもあります。

上映対象

この映画は、知的好奇心あふれる皆様や、大学の先生方、あるいは内外の様々な大学の人文科学系学部で、仏教学や禅宗を専門に研究されている方、イスラーム学、日本・アラブ・イラン等の地域研究を専攻されている方々に向けて制作されておりますが、もちろん、一般の皆様にも十分に楽しんで御覧いただける作品となっております。

上映対象

この映画は、知的好奇心あふれる皆様や、大学の先生方、あるいは内外の様々な大学の人文科学系学部で、仏教学や禅宗を専門に研究されている方、イスラーム学、日本・アラブ・イラン等の地域研究を専攻されている方々に向けて制作されておりますが、もちろん、一般の皆様にも十分に楽しんで御覧いただける作品となっております。

制作・脚本・監督

マスウード・ターヘリー

本プロジェクトの特徴

The Specification of This Project

izutsu=round
2015 - Feb

Start of Project

企画は2015年2月に開始された。

21カ国での撮影

イラン、日本、ヨーロッパ、トルコ、カナダ、米国、ロシアなど13カ国で撮影を行い、戦場と化したシリアのアレッポでも撮影を実施しました。

Shooting in

0

countries

あらゆる言語でのインタビュー

インタビューでは、ペルシア語、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、トルコ語、ロシア語、アラビア語、ウルドゥー語などが使用され、専門的な通訳を介して収録されました。

企画は20152月に開始された。

インタビューに登場される100名以上の著名人や知識人の皆様は、それぞれの専門分野でご活躍中の方々となります。

over

0

experts

新鮮な内容

この映画で紹介される多くトピックが、イランや日本の専門家にも知られていない新鮮な内容となっております。

(Request For Screening in Japan)

2015 - Sep

Shooting Started

撮影は2015年9月から2017年5月までかかり、移動距離は14万2000キロにも及んだ。

over

0

Km of journey

革新的な手法

研究に革新的な手法をもたらしたことが、このドキュメンタリー映画製作における最も大きな成果の一つと言えます。文献調査に多くの時間をかけるとともに、編集時には、その過程で新たに発見された革新的で貴重な史料が中心に据えられました。

初公開のビデオ映像

同教授に関わる一部のビデオ映像や文書、書簡や証言には、今回の映画で初公開のものが含まれています

オリジナル曲の制作

挿入曲は今回のドキュメンタリーのためにオリジナル曲が用意され、2016年5月から制作が開始、公開直前まで調整が続いた。

日本語の字幕

(英語の字幕版もある)

101分を超える長編作品

『シャルギー(東方)』は、130分を超える長編作品です。全体は7部から構成され、井筒俊彦教授の生涯、著作、思想を紹介しております。

0
minutes

次回の上映予定

次回の上映は現在まだ決まっておりません !

海外での上映

Screening in abroad

イラン初公開

7th Aug, 2018

日本の著名なイスラム学者、哲学者の故井筒俊彦氏の生涯と思想を描いたドキュメンタリー映画「シャルギー(東洋人)」が、初めてテヘランで上映されました。

日本での上映

Screening in Japan

日本発公開

24th Jul, 2018

日本では2018年7月24日に公開された(主催:イラン文化センター)。イラン・日本国交樹立90周年を前に、イランと日本の政府関係者や思想家らの参加のもと、ドキュメンタリー映画「東洋人」(シャルギー)が東京で上映されました。(ポスター)

東京イラン映画祭での上映

7th Aug, 2018

東京イラン映画祭 2018でのオープニングで上映された。東京イラン映画祭は、イラン・イスラム共和国大使館文化参事官(イラン文化センター)主催による、イラン映画を上映する映画祭[1]。第一回は2018年8月7日から9日の3日間、2019年のイラン日本外交関係樹立90周年を迎えるにあたり開催された。(ポスター、映画祭Trailer)

インタビューに登場される著名人

Prominent Names in this Documentary

インタビューに登場される100名以上の著名人や知識人の皆様は、それぞれの専門分野でご活躍中の方々となります。以下にその一部の皆様をご紹介いたします(姓名50音順)。

【日本】

鎌田 繁(イスラーム学・イスラーム哲学者、東京大学東洋文化研究所名誉教授、モッラー・サドラー研究)
黒田 壽郎(井筒教授の弟子、文学博士、イスラーム学者、元国際大学教授、同大学中東研究所初代所長)
小林 春夫(イスラーム学者、ソルラヴァルディー研究、日本オリエント学会理事、東京学芸大教授)
駒野 欽一(イラン学者、国際大学教授、テヘラン駐箚日本国元全権大使)
澤井 義次(井筒教授の弟子、博士、宗教学者、天理大学教授、井筒俊彦全集編集委員)
竹下 政孝(イスラーム学者、博士(哲学、シカゴ大)、東京大学名誉教授)
野元 晋(イスラーム学者、哲学博士、慶應義塾大学言語文化研究所教授、井筒俊彦全集編集委員)
松本 耿郎(井筒教授の弟子、聖トマス大学名誉教授、イスラーム学者)
森本 公誠(東大寺長老、東大寺総合文化センター総長、文学博士、イスラーム学者)
若松 英輔(批評家、『井筒俊彦―叡知の哲学』慶應義塾大学出版会 2011年の著者、井筒俊彦全集編集担当)

【イラン】

ゴラームレザー・アヴァーニー(井筒教授の弟子、元イラン哲学協会会長)
セイエド・アッバース・アラーグチー(イラン外務省法務担当次官、東京駐箚元イラン全権大使)
ナーデル・アルダラーン(建築学者、ハーバード大学教授)
ヌーシュ・アーフェリーン・アンサーリー(テヘラン大学教授、博士、図書館情報学)
バフマン・ザキープール(博士、日本学者、井筒俊彦研究)
ダリユーシュ・シャーイェガーン(博士、インド研究者、思想家)
セイエド・ホセイン・ナスル(イスラーム学者、ジョージ・ワシントン大学教授、元イラン哲学協会会長)
ゴラームアリー・ハッダードアーデル(井筒教授の弟子、博士(哲学)、公益判別評議会委員、イラン・アカデミー会長、元国会議長、文化革命最高評議会委員)
ナスロッラー・プールジャヴァーディー(井筒教授の弟子、博士、哲学者、国立大学出版センター元理事長)
モスタファー・マレキヤーン(哲学者、思想家、翻訳家、テヘラン大学元教授)
ピールーズ・モジタヘドザーデ(博士(地政学)、イラン・アカデミー会員、タルビヤテ・モダッレス大学教授、ジョージ・ワシントン大学客員教授)
キャリーム・モジタヘディー(博士、西洋哲学、テヘラン大学元教授)
メフディー・モハッゲグ(文学博士、哲学者、テヘラン大学元教授、シーア派百科事典編纂者、テヘラン大学イスラーム研究所理事、イラン・アカデミー会員、井筒教授の無二の親友)
ハーシェム・ラジャブザーデ(博士(政治学)、日本学者、大阪外国語大学元教授、2009年瑞宝小綬章受章)

【諸外国】

イブラヒム・アラシュ(トルコ、イスラーム哲学者、アンカラ大学)
イーサー・アリー・アル=アークーブ(シリア、アレッポ大学文学部教授)
ロバート・ウィスノスキー(カナダ、博士、イスラーム学者、マギル大学イスラム研究所所長)
ワリード・サーレフ(カナダ、トロント大学教授、クルアーン・イスラーム学者)
アリー・メルトハン・デュンダル(トルコ、アンカラ大学、日本学・タタール学教授)
ウルリッヒ・ブランデンブルグ(スイス、博士、日本学者、チューリッヒ大学)
ジェームス・ウィンストン・モリス(アメリカ、井筒教授の弟子、博士、神学者、イスラーム学者、ボストン大学教授)
ヘルマン・ランドルト(スイス、イスラーム神秘主義研究者、ロンドンイスマイール研究所教授)
ピエール・ローリー(フランス、アンリ・コルバンと井筒教授の弟子、博士、哲学者、イスラーム学者、パリ大学元教授)
ガリナ・ヴィクトリア・ヤクヤシュヴァ(ロシア、東洋学者、文学博士)

上映リクエスト

Request for Screening

Close Menu